論理的に調査

初めて売買する時という局面では何をおいても事前調査を横着してはいけません。

取引を始める前であったならば物事を論理的に調査する事ができる余地があります。

 

だが、ただ一度売買の内部へ飛び込んでしまうと何をしても見え方が客観性を欠くものになる場合があり、時として冷静な状況判断ができなくなる恐れが生じる。

 

それゆえにあなたの精神が客観的な状況で、ちゃんとした準備が大切なのだ。

 

"事前準備"とは、最初はあなたの物語を書くことから始めます。

 

この先の投資環境はこうだから、ランドを取引するというふうに自分で考えたストーリー展開を考えていきます。

 

その次は為替チャートをチェックしよう。

 

為替レートの上下動をチェックして、今日の値動きを確かめます。

 

すると、「現在は結構高すぎる状況にあるな」とか、それとも「もはやたくさんの方々が買い(あるいは売り)に動いているから今さら自分がしかけても今はもう手遅れだな」ということが判断できます。

 

無論もう取引するのがなすすべがないと思っていたら、手を出さないで、その場面では潔く諦めることが肝心です。

 

無理に自分なりの物語を貫いて無理やり注文すると、マーケットにやられて逆に損をすることになる危険があります。

 

もっともたいがいの場合では、準備が出来ているシナリオを書いておくと売買が遅すぎるということにはならないと考えます。

 

たぶん、明確に為替相場が動き出す前の状況のはずだからです。

 

続いては、まずは自分が売買しようと思っている通貨ペアの動きをきちっと把握する事が必要です。

 

もしも、円安が進むという脚本を作成したのであれば、該当する外貨の上げ下げに注目する事が大事です。

 

マーケットの上げ下げをチェックし始めた状況ではまだまだ該当の外貨は大きく上げ下げする素振りを見せることはなく上や下にわずかな動きを繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その動きをちゃんと見ていると、あるポイントでじりじりと、ドル高の方向へと市場が動き始めてくる。

 

この場面でやっとドル買いのトレードします。

 

通常は、そこまで注意深く準偏をすれば、その注文で儲ける割合は結構高くなります。