利ざやを生み出す投資

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして利ざやを生み出す投資です。

売買の値は四六時中上がったり下がったりします。

 

それがレートです。

 

インターネットを見ていると、市場の情報が流れる時があります。

 

よくあるのが「今日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。

 

要するに、トレードには買値と売値の値があります。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示しているFX業者もあったりします。

 

売値が買値よりも低い値段に設定されています。

 

現実に買値は高く、売値は低くなるものです。

 

その差をスプレッドといい、取引業者の収入とされています。

 

スプレッドの広さは業者によって変わります。

 

スプレッドの狭さはあなたにとって出費になるので狭いFX会社を選んだほうが得です。

 

ただ、同じ業者でも状況によってスプレッドの広さは変動します。

 

例えば日常的にはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドとは言ってもマーケットの動きがとても大きい状態では3銭、4銭になります。

 

という訳で、スプレッドが小さいのと合わせて変化しないということが大切です。

 

最近では固定したスプレッドの広さを見せる取引業者もいくつもあったりします。

 

現実に取引会社の売買画面の中でリアルなマーケットを見て確認しなければ評価できないので面倒くさいですが、大切な事です。

 

大切なお金を使って売買をするわけですから本当の売り買いの前に、心惹かれたFX会社の新しい口座開設をいくつもして、スプレッドの幅をチェックしましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その時点のマーケットの変動率(ボラティリティ)によってスプレッドの広さは変わることがあります。

 

一般的には、インターバンク相場で流動性の高い通貨ペアではスプレッドの広さが小さくこの他の通貨ペアでは広がる事が多いです。