2014年11月

肌と髪の紫外線対策が何には必要になります

肌と髪の紫外線対策が何には必要になります

(公開: 2014年11月 5日 (水))

肌の紫外線対策をする方は多くいますが、髪の紫外線対策をしていますか。

紫外線は髪にも悪影響を与えます。

紫外線は髪のタンパク質を変性させて痛みの原因になります。

髪の内部に空洞ができて強度が低くなるため、髪を引っ張ったときに切れやすくなります。

キューティクルが薄くなると枝毛ができます。

髪が傷むとボリュームが減るので、ペタッとした髪になります。

紫外線の影響で髪が細く弱くなり、髪が薄く見えてしまうのです。

紫外線は5月頃から強くなります。

5~10月は特に紫外線対策に気をつけましょう。

冬場でも紫外線は降り注いでいるので、できるだけ紫外線を防ぐようにしてください。

帽子をかぶる、日傘をさす、紫外線カット効果のあるスプレーをつけると紫外線を防げます。

帽子は通気性がよく、汗を吸いやすい素材が適しています。

紫外線カットスプレーをつけた日は、シャンプーを丁寧にして紫外線カット剤をしっかり落としてください。

紫外線対策で薄毛を防ぎましょう。

育毛剤 おすすめ 男性